So-net無料ブログ作成

緑茶で歯周病予防 [Health]



ふむふむなるほど、歯肉が健康。私もお茶は基本的に好きなので、良いかも。
そう言えば、お茶でうがいをすると良いって話もあるみたいです。

恒例の… [Health]

予防接種インフルエンザの予防接種を受けてきました。痛かったです。去年のものと違うのか、大量に注入され、もの凄く腫れてしまいました。大丈夫でしょうか。でも、これでインフルエンザに罹らないなら楽なものです。インフルエンザは罹ったら大変ですものね~。皆様もぜひ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

葉 花 果実 [Health]

ハリソン内科学 第2版 (原著第16版)

ハリソン内科学 第2版 (原著第16版)

  • 作者: 黒川 清
  • 出版社/メーカー: メディカル・サイエンス・インターナショナル
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: 大型本

医学、医療を「木」とすれば、この基本的能力、知識は「木」の「根」であり「幹」である。この「基本」がしっかりできていればこそ、「枝」が成長し、「葉」が茂り、「花」も「実」もなるのである。
新しい「枝」や「葉」が例えば New England Journal of Medicine に発表されても、その成績は木全体のどのような位置にあり、どのような意味をもつかが、たちどころに理解されるのである。つまり、「木を見て森を見ない」とか、「花ばかりにとらわれて全体を見渡せない」という状態に陥らずにすむのである。

黒川 清 ハリソン内科学(日本語版)監修者序文より

自分の中に確かな根っこを作ろう。医療に携わる人はもちろん、医療に携わる人でなくとも、「人としての根っこ」があると私は思う。その根、幹、枝、葉を丁寧に作りましょう。そして、花を咲かせ、果実を実らせましょう。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

健診の結果 2 [Health]

健康診断の結果がきた。あ、デジャブじゃないです。訳あって二つあります。今回は医療関係者向けの健診。だからかどうか知りませんが、内容が細かいうえに、基準値がところどころ抜けていて、ええ加減。総合判定もないし。自分で調べろってことでしょうかね〜。じゃあ、仕方ありません、勉強しましょう。白血球5分画。

白血球5分画の基準範囲(ハリソン内科学より)

好中球 (NEUT) 45〜74
リンパ球 (LYMPH) 16〜45
単球 (MONO) 4〜10
好酸球 (EO) 0〜7
好塩基球 (BASO) 0〜2

です。単位は%。この数値は国際単位では%表示ではないので注意。この他に、x100/μl単位のものがあるようですが、省略です。これはどういう検査法なのかな?
それで、私の結果と照らし合わせると…うんうん正常だ!よかった。感染症の感じはないね。他の検査値も異常なし。健康が一番だね〜!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

親父の健診 [Health]

親父が健康診断に行ってきたらしい。尿酸値が高い様です。がんばれ親父。そして親父の一言… 俺くらいになると、健康診断って「もぐら叩き」やなぁ! どういう意味かといいますと、異常値が健診の度に変るという意味です。一つの異常値が治ったら、また違う異常値が出てくる。叩いても叩いても敵が現れる訳です。なるほど親父。考えたな。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

健診の結果:陳旧性とは:陳旧性って? [Health]

健康診断の結果がきた。まだ若いので、異常なんかあるわけないじゃん!と思いつつ、封を開ける。なんと!胸部X線検査で…

 「肺野陳旧性陰影」

えっ、異常?でも、その下の総合判定では、健康者になってるし、再検査も不要みたい。でも胸部X線の判定では要経過観察ってなってて、良いのか悪いのかよく分からない。体調は健診を受けた前も後も、何の異常もないんです。ところで、陳旧性って何でしたっけ?早速、自分で調べてみました。

 陳旧性 → 炎症があった痕跡

という意味でよいと思います。つまり…

 肺野陳旧性陰影 → 肺の一部に炎症があった痕跡の影がある

ということでしょう。肺炎になっていたのですね。よくよく考えてみると、健診の少し前、高熱が出て、三日くらい寝込んでいたことを思い出しました。風邪のちょっとキツイ版と思って市販の薬だけで治してしまったのです。インフルエンザによく似ていました。インフルエンザの予防接種を受けていたので、違う種のインフルエンザだったか、類似の感染症だったのでしょう。その時は薬で抑えていたので、肺炎に気付かなかったのでしょう。今思えば、確かにキツかったですね。お騒がせしました。Klavia は現在大変元気でございます。ご心配なく。

陳旧性という言葉は、一般の辞典には載っていません。ですからこれは専門用語、医学用語なのです。それを平気で健診の結果に書いてしまうことに疑問を感じます。最近ではインターネットもあり、すぐに調べられるのですが、あまり良くないと思います。やはり少し面倒でも

 「肺の一部に炎症を起こした跡が見つかりましたが、健康上問題はありません。」

と書くか併記すべきでしょう。何も知らない人が見たら驚くだけです。皆様も健康にはお気を付け下さい。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。