So-net無料ブログ作成

夏の歌 [Lyric,Plant]

 夏の野の 繁みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は 苦しきものそ

万葉集 巻八 一五〇四 大伴坂上郎女

夏の野の繁みに咲いている姫百合のように、(思う人に)知られない恋は苦しいものだ。
夏の野は草が高く繁茂している。その中で咲いている小さな赤い姫百合は人目につかない。第三句までは「知らえぬ」を導きだす序詞であるとともに、相手に知られることのない恋の比喩である。古語辞典より改。

そうか、やっぱり恋は昔からあったんだね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

Let's search for tomorrow [Music]

こんばんは、音楽部出身の Klavia です。音楽部は合唱部とかコーラス部とかいろいろ言いますけど、合唱曲を合唱する部活と言うことでよろしいかと思います。音楽部にはピアノを弾く人も所属しておりまして、私はこのピアノの方でした。私は部活では合唱用の曲ではなく、クラシックなんかのピアノ曲を練習していました。まったく自由でしたので、ひとりピアノ練習部でした。
それで、合唱の伴奏をすることはなかったのですが(音楽部以前のクラス発表会みたいなのでは有りです)、実は、音楽部に入る前から合唱用の曲は弾けていたのです。その中の一つが、この「Let's search for tomorrow」です。好きですね、この爽やかさ、青春です。他には、滝廉太郎の「花」なんかも好きでした。校歌も弾けました。私の姉も音楽部でしたが、こちらは歌う方、家ではいつも何かしら歌っていましたね。今でもその癖は直っていないようです。そんな、姉がよく歌っていたのが「大地讃頌」です。私はあまり好きではありませんが…有名ですね。

Let's search for tomorrow はこちらで聴けるかも。
花はこちらで聴けるかも。
大地讃頌はこちらで聴けるかも。

そして、Let's search for tomorrow の楽譜はこちらでご購入いただけます。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ハイッ!チ~ズ!あっ! [Article]

写真なんか撮ったりするとき言いますよね。

「ハイッ!チ~ズ!」

私も割りとボ~っとしてるタイプなので、たまに撮影を頼まれます。

「ハイッ!ポ~ズ!」

も使いますよね。ちなみに、私の父はもっと頼まれます。いずれにしても、写真を撮るのは苦手です。このチ~ズ!ですけど、みんな間違えてますよね。

「ハイッ!チ~ズ!」(パシャリ)

って、意味ないです。チ~ズって言った後、撮られる人もチ~ズって言わなくちゃ。チ~ズって言うと笑顔になるらしいです。英語では…

「セイ!チ~ズ!」「チ~ズ!」(パシャリ)

ですって、セイって言うから思わず言っちゃいますね。うむ。だったら、日本人なら日本らしく行こうじゃないか。

「いちたすいちは?」「にっ!」(パシャリ)

意外と好きです。不意に言われるので、本当に笑顔になりますね。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

源氏物語を現在語訳してみる [Lyric,Plant]

[ 古文原文 ]

「大人になりたまひなば、ここに住みたまひて、この対の前なる紅梅と桜とは、花のをりをりに心とどめてもて遊びたまへ。さるべからむをりは、仏にも奉りたまへ」と聞こえたまへば、うちうなづきて、御顔をまもりて、涙の落つべかめれば立ちておはしぬ。とり分きて生ほしたてたてまつりたまへれば、この宮と姫宮とをぞ、見さしきこえたまはんこと、口惜しくあはれに思されける。

[ 現代語訳 ]

紫の上が「匂の宮様が大人になりなさったら、このお邸(二条院)にお住まいになって、この西の対の前にある紅梅と桜とは、花の咲く折々にお忘れなく見て大切に鑑賞なさってください。何かそうしたときには、仏様にも花をお供えください」と申しあげなさると、匂の宮はうなずきなさって、紫の上のお顔を見つめていると涙が落ちそうなので、立ってあちらへといらっしゃった。特別にしてお育て申し上げなさったのであるから、この三の宮(匂の宮)と姫君(明石の中宮)とを中途でお世話できなくなってしまうことを、残念にも、またしみじみと悲しくもお思いになられるのだった。

[ 現在語訳 ]

紫の上が「あなた(匂の宮)が大人になったら、この家に住んで、この対の前にある紅梅と桜を、花の咲く時には忘れずに見て大切にしてください。その時には、仏様にも花を供えてくださいね。」と話すと、匂の宮はうなずいて、紫の上の顔を見つめていると涙が落ちそうになるので、立ち上がってどこかへ行ってしまった。特別な思いで育ててきたので、この三の宮(匂の宮)と姫君(明石の中宮)を途中で世話することができなくなるのは、残念で、またとても悲しいことだと紫の上は思っていました。

源氏物語 第四十帖 御法 より
古文原文、現代語訳は 板野博行 「源氏物語を7日で制覇する」 ダイヤモンド社 より

紫の上が臨終前に匂の宮と語らう場面。匂の宮は五歳。紫の上は四十三歳。明石の中宮(以前、お話しました明石姫と同一人物、このときすでに皇后(皇后のことを中宮という))は二十二歳。紫の上と光源氏に子はなく、明石姫を引き取って、子のように育てた。明石中宮とその子である匂の宮は紫の上にとって、育てた子、孫という感じになる。

こんばんは Klavia です。古文の現代語訳が古文、と言われる現代語訳、読みにくくて、古文って苦手と思って、やる気がなくなってしまった人もいることでしょう。でも、本当はこの現代語訳はすごく正しいものなのです。では、正しいのになぜ、分からないのか。それは、ズバリ「敬語」に原因があります。原因は主に二つ。

1、書いている人(作者)が登場人物に向けて敬語を使う。
2、目下の人でも身分が高ければ敬語を使う。

この二つの原因を取り除くことで読みやすくなります。あとは、今はあまり使わない表現をさらに新しい表現に変えます。しかし、これをしてしまうと、原文の意図が掴みにくくなったり、古文本来の持つ美しさや素晴らしさを損なってしまう可能性があるんです。ですから、やはり、上記の二点は変えられず、古文を勉強することになるのです。しかし、Klavia は挑戦者でありますので、タブーを犯してでもやります。それで、やってみたのが三文目の現在語訳です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

七夕 [Article]

皆様は短冊にどんな願い事を書きますか?私は…

「世界中の人たちが幸せに暮らせますように」
「世界中の人たちが病気で苦しむことがなくなりますように」
「世界中の人たちの願いが叶いますように」
「憎しみではなく赦す心が皆に与えられますように」
「武器と暴力がなくなりますように」
「交通事故がなくなりますように」

こんな事を書きたいですね。実際、こんな事を書いている人もいます。一方で、自分自身の願い事を書く人も多いです。例えば…

「病気が治りますように」
「結婚できますように」
「合格しますように」
「サッカー選手になれますように」

なんかですね。こんなのを見ると、ホッとしますね。いい願い事です。私の知人が毎年書くのは…

「宝くじが当たりますように」

ですって。いいですよね。しかも、毎年書いているなんて。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ウムラウトの表記 [Article]

ドイツ語の文章を書こうと思ったとき、ふと気付きます。ウムラウト文字はどうやって打つの?

今日はそんな疑問にお答えします。まず、簡単な方法です。ウムラウト文字をドイツ語のウェブサイトからコピーしてしまうという方法です。ウムラウト文字を表記しておきますので、ここからコピーしてお使いください。

  Ä  ä  Ö  ö  Ü  ü  ß

でも、一文字一文字をコピーさせるのは大変ですよね。ドイツ語のウェブサイトから単語をそのままコピーしたり、検索をするという方法もあります。いろいろ試してみてください。参考までに、ドイツ語のウェブサイトをリンクしておきます。

  Frankfurt am Main

次に、本格的にドイツ語で打ちたい方は、キーボードの配列をドイツ語仕様に変える方法です。

 Vista : コントロールパネル → キーボードまたは入力方法の変更 → 追加(ドイツ語、ドイツ)
 XP : コントロールパネル → 日付け、時刻、地域と言語のオプション → ほかの言語を追加する → 詳細 → 追加(ドイツ語、ドイツ)

これで設定は終了です。言語バー(たいてい画面の右下にある「あ、般、、、」と書いてある物体)の左側にJP と言う文字が追加されたと思います。これをクリックするとドイツ語(DE)に変更できます。また、" Shift " + " Alt " でも変更できます。キーボード上のウムラウト文字の位置は

 0の右横の ーボタンで ß
 Pの右横の @ボタンで ü Ü
 Lの右横の ;ボタンで ö Ö
 ;の右横の :ボタンで ä Ä

また、言語バーの右下、オプションから設定を選んでも同様に設定できます。その他、プログラミング言語による表記法はこちらでご確認ください(日本語はなし)。

  Umlaut

もう一つ、以前ご紹介しました「ウムラウトの英語的表記」です。参考になさってください。

  Ä → Ae   Ö → Oe   Ü → Ue    ß → ss

  BURGMÜLLER → BURGMUELLER  [ Friedrich Burgmüller ]

改訂[09-03-13]
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

葬送行進曲 [Music]

ショパン:作品集

ショパン:作品集

  • アーティスト: ショパン,アバド,アルゲリッチ,アシュケナージ,ロンドン交響楽団
  • メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2005/03/23
  • メディア: CD

ずっと昔のことですが、親戚のお爺様が死んだとき、そのお葬式に参列しました。最近は葬儀場でお葬式をするのが一般的ですが、お爺様のときは自宅で執り行われました。そのときに流れていた曲がショパンの葬送行進曲です。自宅の隅の方にさり気なくスピーカーが設置されていて、そこから音楽が流れていたのですが、とても厳かでした。確か雨がシトシト降っていたのですが、悲しみの中にも、どこか温かな心地のする素晴らしいお葬式でした。私も死んだときにはこの曲を流してほしいなと密かに思っています。ありきたりかも知れないけれど、私はこの曲がいいです。

フレデリック・ショパン
ピアノソナタ第2番
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。