So-net無料ブログ作成

月影志都歌 つきのしづうた 秋篇 [Music]

10917899[1].jpg秋の夜長、皆様いかがお過ごしでしょう。ところで皆様、邦楽はお聴きになりますか?私は最近聴き始めました。初心者です。そこで今日は、芝祐靖 作曲「つきのしづうた」を紹介しましょう。この曲は、小倉百人一首から月を詠んだ歌を取り上げて曲をつけたものだそうです。今回は、秋篇ということで、その歌を紹介しましょう。

 月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど
 秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ

今回は、有名な歌ということで、敢えて訳は付けません。秋にぴったりの曲ですので、皆様にも是非聴いてみて頂きたい一曲でございます。友淵のりえ さんが唄っていらっしゃいます。それでは、また次の篇で。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

読書喫茶 [Article]

今ニュースを見てて思った!まんが喫茶はあるけど、一般の書物を取り揃えた喫茶(厳密に言えばただのスペースだが)はないのでしょうか。
えっそれは図書館ですって?いやいや有料で、家の近くに気軽にあればいいな〜と思いまして。自習喫茶ってのも欲しいのですが…
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

英語じゃなくて外国語 [Artikel]

美しい死

美しい死

  • 作者: 森 亘
  • 出版社/メーカー: アドスリー
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本

私、最近、中国語の勉強してるんです。前から少しずつ勉強しています。発音が難しいですね〜。私、思うんです。何故、学校では英語だけを学ぶのでしょう?確かに英語は世界共通の言語になりつつあると思いますし、知っていると大変便利であるように思います。でも、それは必要な人が必要に応じて勉強すればよく、皆が全員知らなくてはならないとは思えません。
それよりももっと大切なのは、世界にはいろいろな人たちがいて、言語や文化も様々であるということを学ばなければならないのではないかということです。
ですから教科としては、「外国語」として、英語やフランス語、ドイツ語や中国語といった言語を学ぶ方がよいのではないかと思っています。
それに加えて(これは私の持論でもあるのだが)、「文化」という教科をつくるべきだと思っています。この科目は現在では地理(地誌)という分野にあたりますね。
文化を大きく日本の文化と世界の文化に分けます。そこで、日本の文化(例えば…家の中は土足厳禁だとか、桃の節句とか)と世界の文化(例えば…アメリカは多民族国家だとか、ドイツは車造りで有名とか)を学びます。
この「文化」の教科に「外国語」を混ぜても良いでしょう。「国際」という授業でも良いでしょうか。いずれにしても、人を理解するためには必要なことだと感じます。
こんな言葉があります。「最高にナショナルであることこそ、最高にインターナショナルなのだ」中根千枝(森亘「美しい死」より)国際社会の一員であるならば、私たちの国(日本)について、よく知っていなくてはならないと思います。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

インフルエンザ概論 [Medizin]

インフルエンザはインフルエンザウィルスの感染によって起こる急性の呼吸器疾患である。発熱、頭痛、筋肉痛、衰弱といった全身徴候や症状を伴う。ほぼ毎冬みられる。

インフルエンザは合併症のないものと合併症のあるものに分けられる。合併症には肺炎、特別な臓器の障害、基礎疾患の悪化がある。

合併症のないものへの治療は、AcetaminophenもしくはSalicylic acid(Aspirin)を用い、安静にし水分補給を行う。また、必要に応じて抗ウィルス薬(Amantadine,Rimantadine,Zanamivir,Osertamivir)を用いる。

肺炎の合併症がある場合は、集中治療室において、酸素投与、呼吸循環管理、補液などを行う。細菌性肺炎では抗生物質を用いる。

予防にはワクチンを用いる(前述)。

以上です。インフルエンザが恐ろしいのは、時に大流行(Pandemic)が起こることです。大流行が起こると、基礎疾患がある人や高齢者は真っ先に被害を受けます。これを防ぐためにはどうしたらよいか…考えなくてはなるまい。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

予防接種 Got a VAX [Medizin]

インフルエンザの予防接種を受けてきました。イタタ…

私「お願いします。」
先生「チクッとしますよ〜。」

(Injection)

先生「手がビリビリしたりしませんか〜?」
私「大丈夫です。」
先生「あっ!痛かったでしょう…」
私「…(確かに少し痛かったような…)」

(Pull out)

先生「お風呂は入って構いません。(注射したところを)揉まないでくださいね。」
私「ありがとうございました。」

先生なんで痛いって分かったんだろう。注射した時に、何か感触があるのでしょうか?それとも、刺した腕の方に何か動きがあったのでしょうか?いずれにしても経験で分かるのでしょうね。

予防接種のことをImmunizationといいます。免疫の付与という意味です。一方、ワクチン接種のことをVaccinationといいます。これは、ワクチンまたはトキソイドの投与を意味します。つまり、ワクチン接種とは予防接種の一つの方法です。

インフルエンザの予防接種はワクチン接種です。筋注します(だから痛い)。

インフルエンザの予防接種が推奨される人は、65歳以上の人、また65歳未満でも心疾患、糖尿病など慢性疾患のある人、ハイリスクの者のいるところで働くか同居している人。

インフルエンザの予防接種が禁忌の人は、妊娠の第1三半期の人(理論的根拠による忌避)。卵に対するアナフィラキシー性の反応がある人。

さて、書き出したら切りがないのでこれでおしまい!皆様も健康には気をつけてくださいね。

ちなみにVAX=Vaccination。私が勝手に考えた俗語ですので、使わないように!でも、ワクチンが本来の発音だったら、ワックス!の方が正しいかな〜v(`∀´v)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

菊 きく Chrysanthemum [Lyric,Plant]

10110193[1].jpg[菊の露]菊の花の上においた露。飲むと長生きするとされた。

[菊の綿]菊の花にかぶせてその香を移した綿。陰暦九月九日の重陽の節句に、前夜菊の花にかぶせておいた綿をとり、その露と香りのしみた綿で身をぬぐうと長寿を保つといわれた。

 菊の露 若ゆばかりに 袖ぬれて 花のあるじに 千代はゆづらむ

紫式部日記 紫式部

(いただいた着せ綿の)菊の露には、私は(ほんの少し)若やぐ程度にだけ袖が濡れるようにして、千代の寿命は花の持ち主であるあなたにゆずろう。

古語辞典より。秋も深まって参りました。皆様いかがお過ごしでしょう。今は陰暦では、九月の下旬(晦日)になります。陰暦の九月九日はもう過ぎてしまいましたね。
菊の歌を紹介しました。写真はうちの庭の菊だそうです。菊には若返りの言い伝えがあったんですね。知りませんでした。この歌は、菊の綿の持ち主であった相手の長寿を願ったもので、大変いい歌ですね。私も皆様の長寿をお祈りしていますよ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。