So-net無料ブログ作成

つつじ 躑躅 Azalea [Lyric,Plant]

10207831[1].jpg10207909[1].jpg駐車場のつつじ。色が混じっていてきれい!つつじは色々な種類がありますね。私はあまり種類には詳しくありません。ここで、つつじの歌を紹介します。

 風速の 美保の浦廻の 白つつじ 見れどもさぶし 亡き人思へば

万葉集 巻三 四三四

風速(かざはや)
美保の浦=静岡市清水区の三保半島に面する海域
廻の(みの)=めぐっている
白つつじ(しらつつじ)
さぶし=さびしい

この歌は「風が強く吹く三保の浦に、廻って咲いている白つつじを見ても、亡き人を思えば寂しいものだな」と言っています。亡き人を思い、見せてあげたかったと、想いを馳せている歌だそうです。いい歌ですね。私の本家にも咲いていると思いますが、GWに紹介出来ればと思います。

栞 しおり Bookmark [Article]

今日、文房具屋さんに行った。

私「栞ってありますか?」
店員のおばちゃん「栞?えーと、ないです。」

ガーン!文房具屋に栞がないなんて、世も末だなぁと思いました。しかも店内のどこにあるんですかぁ?って意味だったんですけど。すごい老舗っぽいお店で、絶対あると思ったのに…ショックのあまり何も買わずに静かーに店内を後にしました。やっぱり栞は本屋の方か?などと自分を責めつつ家路についたのでした。しかし、家で調べたところやはり栞は文房具らしいのです。なんでないんだろう。謎です。

私が欲しいのは、長方形の紙に紐(スピン)が付いているものです。栞といったら昔はこれが当たり前でしたが、最近の文庫本などではこの紐(スピン)が付いていないので、栞を挟んだところが分からなくなっちゃうんです。だから紐が付いてるのを探してます。また探してみます。

もみじ饅頭ゲッツ! [Article]

10157218[1].jpgもみじ饅頭うまい。親父が買って来た。今回はこしあん&つぶあんでした。確かチョコとかクリームのもあるよね?とにかくうまい。広島のお土産の定番かなぁ、でも広島風お好み焼きって食べたことないんだよなぁ、食べてみたいです。

私の好きな言葉 [Medizin]

平静の心―オスラー博士講演集

平静の心―オスラー博士講演集

  • 作者: オスラー
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 単行本

「人間は絶対的真実を求めて、達成不可能なものを目指す。それゆえ、断片的な真実を得て満足せざるをえない。」

少し冷めたものの見方と言えるのかも知れませんが、私にとってはこの言葉は常に心の中に響いています。そうであるが故に、人は理想を追い求める存在なのだと思っています。まぁ私のような分際が好きになってはいけない言葉なのかも知れませんが。

呉音 漢音 唐音 [Article]

10140837[1].jpg訳あって、漢和辞典を熟読していたんですが、漢字の読み方には大きく分けて四つある事が分かりました。たとえば「頭」あたま。なら、

「あたま」は(やまとことば)
頭痛の「ず」は(呉音)
頭髪の「とう」は(漢音)
饅頭の「じゅう」は(唐音)

となります。全部の漢字にこの四つの音がある訳じゃなくて、二つか三つくらいが多いみたいです。やまとことばは日本の古くからの発音で、漢字はそれにあてたもの。呉音は朝鮮に近い地域の発音で奈良時代以前のもの。漢音は長安地域の発音で奈良から平安時代のもの。唐音は北京地域の発音で鎌倉時代以降のもの、現代中国語に近い。となっています。ふぅ勉強になったー!

そこで、この写真!我が家の国語辞典で、最も古い物なのですが、昭和40年発行です。我が家ではこの辞書を「金田一版」と呼んでいます。我が家にはこうやって長い間使って来た古い物もたくさんあります。物を大切にしたいですね。

神社の桜 [Lyric,Plant]

10140814[1].jpg満開でしたー!明日あたりは花見客がドッと押し寄せそう!まぁ私はできませんが(泣)
神社は落ち着く。昔から遊び場だった。隠れんぼとか缶けりとかやったな。今でも子ども達が遊んでいるのをみたらうれしくなります。

万葉の桜 [Lyric,Plant]

10140779[1].jpg桜がきれい!風に散っていました。ここで歌を一つ。

 いずみ野の 風に散り行く 花びらの 雲重ね見て 故郷想わむ

Klavia

しんづれいしぁしたぁ!やはり本物の歌をここで一つ。

 をとめらの 挿頭のために 遊士の 蔓のためと 敷きませる
       国のはたてに 咲きにける 桜の花の にほひもあなに

万葉集 巻八 一四二九 若宮年魚麻呂 わかみやのあゆまろ「桜の花の歌一首」より

挿頭 かざし = 女性の簪(かんざし)のこと
遊士 みやびを = 風流な男性
蔓 かざし かずら = 男性の髪飾り(かつら)のこと(原文では蔓の字は曼の左に糸偏が付き、縵となり、それに草冠が付いた字である)

つまりは、女性にとっても男性にとっても良い飾り物となる、日本中に咲いている桜の花の色は大変美しいと言っています。いい歌ですね。でもこの写真、送電線映っちゃってます。桜だけ撮るのは難しいです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。