So-net無料ブログ作成
検索選択

あり地獄の観察 [Article]

PA0_0005.JPGPA0_0003.JPG







本家に行っていました。家の周りをウロウロしていたら、懐かしいもの発見。あり地獄じゃありませんか。知ってますか?このろうと型の砂の形。ここにありさんが落っこちて、真下にいる虫に食べられちゃうのです。早速、ありさんを捕まえて(捕まえるの大変だった)落としてみました。すぐに、びゅんっとヤツが出てきて一呑み。すみません、ありさん。ご協力頂き。。。あり地獄の下に潜んでいる虫はウスバカゲロウの幼虫なんですね。詳しくはこちらを参照。すごいこと考えやがったな。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 3

古文化ライター

日々の観察力は見事で、楽しそうですね。
小学生の学校帰りのいろんな発見のような感じです。
小学生の発見は目の視線・視点が思わぬところにあります。
学校帰りの子供達の後をついて、様子をみていると、
新しい発見がたくさんあります。
要注意は、挙動不審と思われないようにしなくてはいけませんが。

コメントもありがとうございます。
by 古文化ライター (2009-06-14 10:47) 

Klavia

>古文化ライターさん
コメントありがとうございます。そうですよね、小学生のころの思い出をいろいろと今になって調べたりして、新しい発見があることが多いのです。小学生のころは、ウスバカゲロウの幼虫だとか知りませんでしたからね。毎日が新しい発見です。
by Klavia (2009-06-14 21:47) 

門じゃ訓

なんだかすごいですね  わしも最近ありじごくをみるのがすきなんですよ
それで友達とありをおいてみたらありの動きが止まってゆっくりよひきずられていきました(ちょっとかわいそう)
それにありじごくがウスバカゲロウだなんてはじめて知りました


by 門じゃ訓 (2010-06-08 20:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。