So-net無料ブログ作成
検索選択

脳死について [Medizin]

皆様は臓器提供意思表示カードをお持ちですか?私は普段、所持していません。所持するべきかどうか考えています。皆様の意見もお聞きしたいなと思っています。
私の考えはこうです。私は人の死というものは、心臓の動き(ドクドク)が止まったときだと考えているのです。
人間の体はさまざまな臓器や器官(以下、臓器)から成り立っていて、それぞれに重要な役割を果たしていますよね。結局、どの臓器の機能の停止も人間を死に至らしめるので、どの臓器が重要であるかによって死を決定(判定)するのは不可能だと思うのです。心不全、呼吸不全、腎不全、肝不全、失血死、凍死、いろいろな死因があることからも明らかです。
とどのつまり、人間の死とは、人の身体機能すべてが失われたときであり、もっと感覚的に言えば、体が冷たくなったときであり、人間としてのぬくもりが無くなったときであると思っているのです。そのぬくもりを作っているのは心臓かなと私は思っているのです。
そういう訳で、私はどの臓器をもって死を判定するかと言えば、心臓なのであって「心臓の機能が停止したら死んだことにしていいよ」と思っているのです。心臓派です。(人工心臓を使用する場合は、人工心臓を止めたときと言うことでしょう。)
と言うことは、脳機能の停止は人間の死ではないと考えていると言うことになります。そうです、そう思っているのです。そこでここでは脳機能の停止を脳不全と言うことにしましょう。
しかし、意外なことに私はこの脳不全による臓器移植を肯定します。そうです、一般的に言われている脳死による臓器移植に賛同しているのです。
つまり、私の言い分は、「脳機能の停止を人の死とは認めないけど、脳機能が停止したら、臓器を他の人に提供しても構いません。」と言うことです。
では、なぜ臓器提供意思表示カードを所持していないのかと言うことです。理由は主に二つあります。一つは上記に書いた理由からです、二つ目は臓器提供を優先する人が将来現れる可能性があると言う点です。これは難しい問題です。詳しく書きませんが、これも私なりの考え方です。
そうは言っても、やはりこのカードを持っていないことに罪悪感を持つときもあります。いつ死ぬか分からないんだし、持っておいた方が良いという意見もごもっとものような気がします。これからも考え続けていきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。