So-net無料ブログ作成
検索選択

首都大と横国に医学部を [Medizin]

医療をめぐる問題がこれだけクローズアップされているにもかかわらず、何も変わっていない。もっと根本的なところにメスを入れてほしい。

そんな願いを込めて言わなくてはなるまい。問題はこうだ。地域医療を担う大きな病院で働く医師は国公立大を出ていることが多い。(それもそのはず、医学部(国公立大)が一つだけしかない県がたくさんある。)

東京近郊の人口は多いので、それだけ医学部を志願する人は多いはずである。東京都の国公立大医学部は二つしかなく、しかもレベルが高いので、当然、こぞって地方の医学部を受験することになる。そうして、地方の医学部に入った人たちは、東京近郊に帰ろうとする。すると、地方で医師が不足する。

なぜこのようなことが起こるのか。答えは簡単。東京近郊で医学部が足りないのである。東京近郊には私立の医学部が多数あるのだが、国公立大は私立大とは違う機能を果たしているので、問題なのである。そんなことより、人口規模からして明らかに少ない。

ちなみに、神奈川県の国公立大医学部は横浜市大しかなく、人口規模から考えても相当厳しい状態にあるといえる。都市部での医師不足もこういうことが原因なのだろう。

結論、東京大、医科歯科大の定員を大幅に増やすか、首都大、横浜国立大に医学部を設置するなどする(何でないの?)。

これしかないと思うのだが、無理なのだろうか。もっと賢くなれよ日本。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。