So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の教育 [Artikel]

日本の教育をどげんかせんといかんと思う今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?私は今の日本の教育は問題が有り過ぎると思っています。とりあえず、私が提案する制度をまずご覧ください。


第一学校(エレメンタリー)6年 … 義務教育、現行の小学校に準じる

第二学校(ハイ)6年 … 義務教育、現行の中学校、高等学校に準じ、これを連結する

第三学校(カレッジ)2年、専門学校(プロフェッショナル)2年など … 現行の大学教養課程、短期大学、専門学校に準じる

第四学校(大学校、ユニバーシティ)4年、第五学校(法学校、ロー)(医学校、メディカル)4年など … 現行の大学専門課程と大学院前期課程(修士課程)に準じる。第五学校は現行の法科大学院または医学部医学科3年次以降に準じる。

大学院(グラジュエイト)2年など … 現行の大学院後期課程(博士課程)に準じる


まず、義務教育は第一学校と第二学校です。まとめますし、高校も義務にします。ただ、一つの学校に縛られるようにはしません。学校の移動や選択は柔軟に行うべきでしょう。必要なら、第一学校を前期と後期に、第二学校も前期と後期に3年ずつ分けてもよいでしょう。3年ごとに学校を選択させてもいいですね。ここまでは現行とそんなに変わらないと思います。第三学校への進学は統一試験(現行のセンター試験)の成績により決まります。この際、成績の良し悪しで決めるのではなく、最低点以上は全員合格させ、希望により学校を割り当てる方式で良いと思います。

第三学校では教養を学びます。義務教育ではありません。現在の大学では1、2年次に教養課程がありますね。これをやっていただきます。この2年間で自分の進路や将来の仕事や研究に対する考え方、方向性を見出させます。ですからここでは、私はこういう勉強をしたい、こういう仕事をしたい、という基盤を作るのです。第四学校、第五学校への進学には、選抜試験が行われます。現行の大学入試のような学科試験ではなく、原則として研究室(コース)単位での選抜が行われ、本人の希望、学習、研究に対する考え方を評価します。この際、第三学校進学統一試験の成績を使用しないことにします。卒業時に学士号を与えます。また、短期大学と専門学校を同制度に置き換え運営します。

第四学校、第五学校では専門教育を行います。この学校からは原則として、奨学金が全員に貸与され、仕事として、学習、研究を行います。卒業時に修士号を与えます。大学院は現在の博士課程に準じます。博士号ですね。


以上です。基本的には第三学校まで行って頂き、そこから就職することを目的にしています。第三学校は就職・進学予備校のようなものです。だから、皆短大卒みたいな感じです。第四学校を4年制にすることで、定員を減らし、奨学金を貸与し、研究水準の向上を図ります。第五学校は現在とさほど変わりませんが、選抜方法を大胆に見直すべきでしょう。
さて、大学の研究水準の向上には大学再編が必要です。第四学校、第五学校は定員を減らすのですから、現在の大学を大幅に改編する必要が出てきます。これが狙いです。人口100万人地域につき1学校くらいだと思います。例えば、中四国地方なら、第四学校を岡山広島、愛媛に、法学校を広島、香川に、医学校を岡山、徳島に置きます。島根、鳥取、山口、高知は第三学校のみを運営してもらいます。私立大学は自由にやってもらいます。力がありそうなのは、川崎医科大学(医学校へ)や松山大学(第四学校へ)あたりでしょうか、あくまでも案ですからねー。

現在の日本の大学での教育、研究水準の低さは、こういった大学の集約がなされていないからだと思うんです。少子化も予想され、外国からの移民や移住が少ない国ですから、早急に何らかの改革が必要になると思うのですが、本当に大丈夫なのでしょうか。先行き不安です。まぁ、そう言うことで、今日はこれで終わりにします。さようなら。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 2

S山

確かに今の教育は??ってところが多い

勉強だけが教育か??
心の教育、道徳の教育、マナーの教育、礼儀の教育・・・
学ぶ事は沢山有る

勉強が出来る賢さより人を敬い気遣う優しさを学んで欲しいのだけど・・・

勉強&教育はその時々&時代で変わって行くのだけど
日本人らしい人の教育は忘れんでほしいな~
by S山 (2008-10-15 18:52) 

Klavia

>S山さん
コメントありがとうございます。そうですね、S山さんの仰る通りだと思います。私の案でも大学入試一辺倒を是正するのが大きな目的です。今の枠組みを変えないと、いつまでも、S山さんの仰るような教育とは乖離していくのではないかと危惧しております。
by Klavia (2008-10-15 22:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。