So-net無料ブログ作成
検索選択

インフルエンザ概論 [Medizin]

インフルエンザはインフルエンザウィルスの感染によって起こる急性の呼吸器疾患である。発熱、頭痛、筋肉痛、衰弱といった全身徴候や症状を伴う。ほぼ毎冬みられる。

インフルエンザは合併症のないものと合併症のあるものに分けられる。合併症には肺炎、特別な臓器の障害、基礎疾患の悪化がある。

合併症のないものへの治療は、AcetaminophenもしくはSalicylic acid(Aspirin)を用い、安静にし水分補給を行う。また、必要に応じて抗ウィルス薬(Amantadine,Rimantadine,Zanamivir,Osertamivir)を用いる。

肺炎の合併症がある場合は、集中治療室において、酸素投与、呼吸循環管理、補液などを行う。細菌性肺炎では抗生物質を用いる。

予防にはワクチンを用いる(前述)。

以上です。インフルエンザが恐ろしいのは、時に大流行(Pandemic)が起こることです。大流行が起こると、基礎疾患がある人や高齢者は真っ先に被害を受けます。これを防ぐためにはどうしたらよいか…考えなくてはなるまい。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 2

Cecilia

一応受験生の娘(長女)、学校で「インフルエンザの予防接種を受けるように」指導されたようです。
我が家は今まで一度も受けたことないのですが、今年は全員で受けたほうがいいなあ・・・。
予防接種受けてもどうなるか・・・というところなのですが・・・。
by Cecilia (2007-11-19 09:41) 

Klavia

>Ceciliaさん
コメントありがとうございます。なるほど受験生。そうですね〜お嬢様が受けていたら、他の人がインフルエンザに罹っても、移る可能性は多少は低くなるのかな〜とは思いますけど、家族全員受けても損はしないと思います。気軽に行ける診療所が近くにありましたら、行ってみても良いのではと思います。
by Klavia (2007-11-19 21:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。